日本ハウスホールディングス 評判

無料!日本ハウスホールディングスやその他ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます♪

 

日本ハウスホールディングス(HD)の評判

日本ハウスホールディングスは岩手県の盛岡市に本社があり、

 

 

 

東北地方では非常に知名度があるハウスメーカーです。

 

 

 

日本ハウスホールディングスでは、注文住宅と企画住宅が販売されており、

 

 

 

坪単価の目安としては55万〜65万円だと言われています。

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスの評判が気になり調べてみました^^

 

 

 

 

・要望通りの家が建ちました。
不満をあげるとしたら、工期の遅れがあり一度クレームを入れたぐらいです。
1階床は全て無垢のヒノキで、反ってくるかもしれないのでその時は修正しますと言って下さり、
その他のリスクと合わせ維持費も細かい説明がありました。
4年経ちますが幸いに床板の反りもなく快適です。
しっかりと頑丈な家だと思います。

 

 

 

 

 

・地域によって差はあるかもしれませんが、我が家は特に不具合もなく快適に過ごせています。
また定期的に連絡もくれます。

 

 

 

 

 

・北海道に住んでいます。
家が完成するまでは期待もありつつ、不安もありましたが予想以上に良い家ができました。
冬でも暖かく快適に過ごせます。

 

 

 

 

 

・ほぼ希望通の仕上がりでした。
冬は暖かく過ごし易いのは嬉しいですが、引渡し後のアフターが非常に悪いので他の人にはおススメできません。

 

 

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスは標準仕様のものでも比較的良いものが付いているといった評判もあります。

 

 

 

 

 

 

そしてハウスメーカーでは基本的に施工は下請け業者に委託するところが多いですが、

 

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスでは建築のプロが一貫して担当する「棟梁システム」を取り入れていますので、

 

 

 

 

 

下請け業者に丸投げするようなことがなく安心だといった声もありました。

 

 

 

 

 

また日本ハウスホールディングスでは、構造躯体については60年保証、防蟻・防塵は10年保証と保証が充実していますし、

 

 

 

 

 

24時間体制のコールセンター、定期的な訪問などのサポート体制も充実しています。

日本ハウスホールディングス(HD)の住み心地

建物の構造、設備、高気密高断熱などの性能は住み心地に大きく影響すると言われていますが、

 

 

 

日本ハウスホールディングスの住み心地はどうなんでしょうか。

 

 

 

日本ハウスホールディングスの住み心地に関する口コミを集めてみました^^

 

 

 

 

・青森県の太平洋側に住んでいます。
日本ハウスホールディングスでオール電化で建てました。
夏と冬の1階と2階の気温差が気になったので、我が家は吹き抜けは造りませんでした。
住んでみての感想ですが、冬は寒く感じないですし、年間を通して気温はほぼ一定で非常に過ごしやすいと感じます。
ちなみに結露は全くありません。

 

 

 

 

 

 

・私の住まいは西日本なのでそこまで気にかけてなかったですが、暖房の設定温度は20℃で問題ありません。

 

 

 

 

 

・引っ越す前は鉄筋アパートに住んでいたので、夏は暑く冬は寒い所でした。
それと比較するのも参考にならないかもしれませんが、
冬場は外の寒さを感じないですし、期待以上の快適さです。
1Fの床材も期待通りで良いですし、心地が良いのが嬉しい。

 

 

 

 

 

 

・知り合いのところが日本ハウスホールディングスで建てたようです。
使い勝手や住み心地も良いそうです。
アフターも今のところきっちりと丁寧に来てくれるそうですよ。

 

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスのやまとで建てました。
住み始めてみての感想ですがかなり快適ですね。
オール4寸柱にしたせいか壁が厚くなり外の音もほとんど聞こえずに静かです。
家の中の音は響きますが。
風呂も標準のものでしたが、広くて快適です。

 

 

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスで建てました。
うちは関西ですが、11月後半ぐらいまで暖房を入れなくても家が暖かく、
遊びに来た友達が暖房が入っているのかと勘違いするほどでしたよ。
冬場は蓄熱暖房器で24時間で暖かく快適です。

 

 

 

 

 

参考までにされて下さい^^

日本ハウスホールディングス(HD)の坪単価

日本ハウスホールディングスでは、注文住宅と企画住宅が販売されています。

 

 

 

大手の中では日本ハウスホールディングスは安いと言われていますが、

 

 

 

その中でも企画住宅の『Jエポック』は安い割に、総タイル張りなど仕様も良いと評判です。

 

 

 

 

ただし、企画住宅となりますので融通はあまり利かないようです。

 

 

 

 

注文住宅の場合は設備や仕様によって価格はピンキリですが、

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスで建てる場合の坪単価は55万〜65万円が目安になっているようです。

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスの坪単価に関する口コミを集めました^^

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスさんで建てました。
坪単価は大手メーカーの中でもかなり安く抑えることができました。
こちらの希望を伝え、その通りに建てると予算の倍ほどになってしまったので、
何とか予算に近づけるプランを提示してくれたので、そこに丸く納まりました。

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスで建てました。
建坪33坪、本体価格2300万円でした。
ちなみになんのオプション追加もしていません。
オプションを追加すると高くなりますが、余裕がある方は付けた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

・建坪35坪、2800万円くらいでした。
総ヒノキ4寸、耐震3、長期優良、60年保証、総タイル、オール電化、エコキュート、
蓄暖、インテリア、吹き抜け、地盤改良込みの価格です。
ちなみにキャンペーンでタイルは無料にしてもらいました。

 

 

 

・我が家の場合、華プレミアム、29坪、太陽光無し、
オール電化の内容で建物だけで2000万円を超える見積りでした。

 

 

 

 

ちなみに日本ハウスホールディングスでは値引きはないと言われていますが、実際は値引きが行われているようです。

 

 

 

 

値引き率としては5〜8%ぐらいだと言われています。

日本ハウスホールディングス(HD)の値引き

ハウスメーカーでは値引きの対応は様々ですが、日本ハウスホールディングスでは値引きが行われているのでしょうか。

 

 

 

日本ハウスホールディングスの値引きに関する口コミを調べてみました^^

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスで交渉を進めています。
「来月が決算月なので最大限の値引きが出来る」と言われ、見積りを見ると値引き率は5%ぐらいでした。

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスを含めた数社で話しを進めています。
玄関以外は全て2ヶ所ずつの二世帯住宅を考えており、日本ハウスホールディングスでは税抜約3600万円、
値引き後が税抜約3300万円でした。値引きは限界だと言われました。
値引きに加え、日本ハウスホールディングスではキャンペーンでタイルが無料にできると言われました。

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスで見積りを取りました。
予算の関係で、営業の方に値引をお願いしたのですが20万円ぐらいしかできないと言われました。
それでも予算が厳しいことを伝えたら、支店長が現れ130万円ほどの値引きをしてくれました。

 

 

 

 

・日本ハウスホールディングスの値引きは5パーセント程度だと事前に調べ知っていたのですが、
2、3パーセントしかできないと言われました。
値引きのほかにキャンペーンで外壁二重断熱、トリプルガラス、熱交換換気システムを提案されました。

 

 

 

 

・値引きは最初からできないと言われました。

 

 

 

 

どうやら日本ハウスホールディングスでは値引きがないと言われていますが、

 

 

 

 

実際のところ日本ハウスホールディングスの値引き率は5〜8%ぐらいだと言われています。

 

 

 

 

 

また日本ハウスホールディングスでは値引きのほかにサービスなどを提案されることも多いようです。

 

 

 

 

 

『今月中に契約してくれたら外構をサービスしますと言われましたが、多少強引なところがあり迷っています。』

 

といった口コミもありました^^;

 

 

 

 

家は大きな買い物ですから値引きやサービスがあるとありがたいですが、

 

 

 

 

値引きやサービスに惑わされず、ご自分のペースで進めて下さいね。

 

 

 

下記のサイトで日本ハウスHDや他ハウスメーカーの費用総額や間取りが無料でもらえます♪

 

 

他のハウスメーカーの費用も参考にできるのでおススメですよ。全て無料です♪

 

 

日本ハウスホールディングスの耐震等級

家づくりの際に重要視するポイントは様々です。

 

 

 

構造、間取り、設備の充実、担当者の対応、価格、アフターサービスなど、、、その他にもありますが、

 

 

 

東日本大震災以降、耐震性を重要視される方が増えています。

 

 

 

耐震性に関しては、耐震等級というもので等級付けされており、

 

 

 

 

耐震性能を表す耐震等級は1から3まであり、数字が大きくなるほど耐震性が強くなります。

 

 

 

以下に説明しておきます。

 

 

 

 

耐震等級1:建築基準法で定められる耐震基準を満たす最低ライン

 

 

 

耐震等級2:等級1の1.25倍の地震に耐えられる強さ

 

 

 

耐震等級3:等級1の1.5倍の地震に耐えられる強さ

 

 

 

 

住友林業、積水ハウス、トヨタホーム、三井ホームなどの

 

 

 

 

大手ハウスメーカーでは耐震等級3が標準仕様となっていますが、

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスではどうなっているのでしょうか。

 

 

 

 

日本ハウスホールディングスでも耐震等級3が取得可能となっています。

 

 

 

 

実際に日本ハウスホールディングスの家に住まれている方の耐震性に関する口コミを調べてみたのですが、

 

 

 

 

これといった情報は見当たりませんでした^^;

 

 

 

 

 

また独自の制震システムを開発されているメーカーもありますが、

 

 

 

 

 

制震システムに関して日本ハウスホールディングスでは特に開発されていないようです。

 

 

 

 

 

※近年、耐震力はどのメーカーでも力を入れておりそれなりに期待できると思いますが、

 

 

 

 

建物の耐震性に加え、土地の地盤がしっかりしているのか?ということも非常に重要です。

 

 

 

 

 

いくら建物自体がしっかりしていても、肝心の地盤が沈下してしまったり、

 

 

 

 

崩れてしまうとどんな建て方でも同じですからね^^;